キャッシングで返済できない人はその後どんな対応されるの?

注目

キャッシングは比較的簡単に現金を融資してもらうことができることで利用者が多くなっていますが、中には融資を受けたものの返済できない人もいます。

この返済できない人は、その後どんなことが起こるのでしょうか。まずは返済遅延が起こった時点で、金融業者から返済をするように督促が行われます。督促時には、遅延損害金と言われる割増利息も一緒に請求されることも多くなります。

遅延損害金の金利は15%~20%の二倍以内という事になりますので、もし年利18%でキャッシングをしていた場合にはその2倍にあたる36%の金利を支払わなければならないことになります。さらに、個人信用時情報機関に遅延が発生しているという事を登録されてしまいます。この個人信用情報機関に遅延という金融事故が起こっていることが登録されると、他の金融機関で借入をしようと思っても借り入れができない、審査で拒否されてしまう原因になってしまいます。この金融事故情報は7年間記録として残りますので、安易に遅延を発生させてしまうと、7年間にわたって金融機関からの融資を受けることが出来なくなるという状態に陥ります。さらに返済が遅れてしまうと、金融業者側も訴訟などの手段に出てくることもあるようです。

キャッシング即日

インターネットでのキャッシングとは

最近ではインターネットを利用してキャッシングをすることができ、時間を有効に活用できるために便利です。インターネットでは時間があるときにサイトを見ながら残高の状況を把握することができ、自分に適した返済方法を考えることができます。
キャッシングをするには提携先の銀行やコンビニのATMなどを活用する方法が一般的ですが、インターネットを利用することで利用する銀行への振込などにも活用できます。インターネットでは24時間利用することができ、必要な情報などを知る方法として有効に活用できます。
キャッシングを選ぶには自分に適した会社を選ぶ必要があり、サービス内容を確認してから正しく選ぶ方法が望ましいです。キャッシングを有意義に使いこなすには急にお金が必要な場合などに有効に活用する方法が便利であり、内容を確認してから選ぶ方法が望ましいです。
インターネットでは疑問点などを問い合わせることができ、店に行かなくても手軽に疑問点などを質問できます。最近では自宅以外の場所からインターネットを活用してキャッシングをするケースが多く、時間を有意義に活用できます。
インターネットでのキャッシングは来店や銀行に行く手間を省くことができ、空いた時間を利用して有効活用できることがメリットです。